[NFT×漫画]JUNKeeee NFTの特徴と買い方を徹底解説!

NFT

「話題のJUNKeeeeSってどんなNFTなの?」

今回は「JUNKeeeeS」とはどんなNFTなのか

「JUNKeeeeS」の特徴から買い方まで紹介していきたいと思います。

今回の記事を読むと以下のことがわかります。

NFTとは

「JUNKeeeeS」とは

「JUNKeeeeS」NFTとは

ジェネラティブNFT「JUNK FOOD PARTY」の特徴・買い方

こんにちは!大学生×Web3ブロガーのはまです!

今回の記事を読めば「JUNKeeeeS」について一通り知ることができると思います。

そもそもNFTって何?

そんな方にもわかりやすく解説していきます!

この記事を最後まで読めば「JUNKeeeeS」のNFTを買うための知識が備わると思います。

それではいきましょう!

NFTとは

はじめに、NFTについて解説しておきたいと思います。

あなたはNFTについてどのくらい知っていますか?

NFTって言葉は知っているけど、よくはわかっていないな。。。

このような方は多くいるのではないでしょうか。

NFTとは、非代替性トークンと呼ばれ、「Non Fungible Token (ノン・ファンジブル・トークン)」の略称のことです。

これだけ聞いてもよくわかりませんよね。

安心してください!これから解説していきます。

NFTの一番の大きな特徴は、非代替性=唯一無二・替えが効かない

デジタルデータであることです!

例えばあなたが犬の写真を持っていると仮定しましょう。

この犬の写真はそのままでは、ただのデジタルデータです。

誰のものかも曖昧で、複製も簡単にできてしまいます。

しかし、犬の写真にブロックチェーンの技術を加えることで識別番号を付与することが出来ます。

ブロックチェーンとは

データの改ざん・削除が極めて困難な自律分散型システム

分散型台帳とも呼ばれている

ブロックチェーンを利用することで犬の画像に「所有者」とデータの唯一性が生まれます。

何となく理解できてきたでしょうか。

「まだよくわからない。」「もっと詳しく知りたい!」

そんな方は以下の記事を参考にしてください。

実際のNFT作品や、NFTの価値の部分までわかりやすく解説しています。

☛「NFTって何?」とはもう言わせません

「JUNKeeeeS」とは

引用:JUNKeeeeS(ジャンキーズ)公式サイト|JUNK FOOD PARTY

それではこれから「JUNKeeeeS」について解説していきたいと思います。

「JUNKeeeeS」とは、ジャンクフードをモチーフにしたキャラクターを運営している組織です!

”ジャンクフード”をモチーフにした個性豊かなキャラクターたち。アート・ファッション・ストーリーをクロスオーバーさせた新たな世界観のブランド。

https://junkeeees.art/

運営元は上記のように表現しています。

個性豊かな全28体(2022年11月現在)のジャンクフードを擬人化したキャラクターが存在します。

「JUNKeeeeS」のロードマップ

「JUNKeeeeS」は以下のようなロードマップを示しています!

今後の予定は以下の通りです。

「JUNKeeeeS」のロードマップ

・ジェネラティブNFTリリース 第1弾(11/11~11/13)
・JUNKeeeeS FES開催(11/26-11/27)←現在ここ
・オリジナルNFTリリース(不定期)


2023~
・ジェネラティブNFTリリース 第2弾
・オリジナルNFT、ジェネラティブNFTの追加リリース(詳細未定)
・ゲーム、漫画、アパレル、企業タイアップ事業など

このように、NFTのリリース以外にも、ゲーム・漫画・アパレルへの進出

企業とのタイアップなども予定しているようです。

多くのNFTコレクションは、ロードマップを示していますが、

漫画化の計画を立てているところは少ないように感じます。

NFTと日本の漫画を掛け合わせることで、海外の方からも注目される可能性もあるのではないかと思いました!

「JUNKeeeeS」 NFT

それでは、「JUNKeeeeS」のNFTについて紹介していきます。

「JUNKeeeeS」では既に複数のNFTコレクションをリリースしています。

「JUNKeeeeS ORIGINALS」

一つ目の紹介するのは、「JUNKeeeeS ORIGINALS」です。

引用:OpenSea
「JUNKeeeeS ORIGINALS」の詳細情報

コレクション名:「JUNKeeeeS ORIGINALS」 (ジャンキーズ オリジナル)
価格:オークション形式
リリース日:不定期
ブロックチェーン:イーサリアム
Twitter: @junkeeees_jpn
OpenSea:JUNKeeeeS ORIGINALS – Collection | OpenSea

こちらのNFTコレクションは、オークション形式で出されており、

現在OpenSeaでは20体のキャラクターが出品されています。

そのうちオークションが行われているのが、14体で合計50ETHを集めています!

オークションは不定期に行われているようです。

このNFTを持つことで以下のような恩恵を受けることが出来ます。

「JUNKeeeeS ORIGINALS」保有者は、これから紹介しますが、「JUNKeeeeS 」のジェネラティブNFTを優先購入権を得ることが出来ます。

早くから応援すればするほど恩恵を受けられる仕組みになっています。

「JUNK FOOD PATY」

次に紹介するのが、JUNK FOOD PATYです。

引用:OpenSea

このNFTコレクションは、「JUNKeeeeS 」のジェネラティブNFTです。

さっきから気になってたけど、ジェネラティブNFTって何?

ジェネラティブNFTとは、特定の条件下で数あるパーツや配色を自動で、組み合わされたNFTのことです。

JUNK FOOD PATYのデザイナーは、@junkeeees_ROKUさんです。

JUNK FOOD PATYの特徴は以下の通りです。

「JUNK FOOD PATY」の特徴

発行枚数:6969体~ (第一弾1111体)
価格: パブリックセール:0.06ETH プレセール: 0.04ETH
リリース日:第二弾は2023年以降 (第一弾は2022年11/11~)
ブロックチェーン:イーサリアム
OpenSea:ジャンクフードパーティー -by JUNKeeeeS- – コレクション|オープンシー (opensea.io)

2022年11/11日に既に第一弾として1111体のNFTをリリースしています。

第一弾は優先権を持っている方たちの中で完売してしまったみたいです。

第二弾は2023年以降に予定しているようです。

「JUNK FOOD PATY」の強み

僕が考えるJUNK FOOD PATYの強みは以下の通りです。

「JUNK FOOD PATY」の強み
  • 価格が比較的安い
  • コミュニティが活発
  • キャラクターが個性的
  • 漫画化を目指している

それぞれ解説します。

価格が比較的安い

一つ目の強みは、価格が比較的安いことが挙げられます。

初期は、0.001ETHは販売されているNFTコレクションもあるので、

そのNFTコレクションと比べるとやや高いですが、NFT業界全体でみると安いです。

また、コミュニティ内での活動によってさらに安くNFTを買うことができる仕組みもあるようです。

引用:JUNKeeeeSジェネラティブNFTリリース【第1弾】 セール方法解説 | JUNKeeeeS ~Junk Food Party~

コミュニティの運営に貢献した人は恩恵を受けることができるということです!

コミュニティが活発

二つ目の強みは、コミュニティが活発であることです。

引用:Discord

上の画像から、「JUNKeeeeS」のDiscordのコミュニティの数は約5000人に上っており、かなり多いのではないかと思います。

NFT運営にはコミュニティの力が不可欠なので、約5000人のメンバーが参加していることは大きな強みの一つだと思います。

Discordはこちらの記事の下部から参加できると思います。

☛「JUNKeeeeS」Discordに参加する

キャラクターが個性的

三つ目の強みはキャラクターが個性的なことだと思います。

ジャンクフードを擬人化したキャラクターはとても印象に残りました。

僕が個人的に好きだと思ったキャラクターは、「ポテトヘッド」です。

一番目立つし、コミュニティ内でも好きな方が多いのではないかなと思いました。

漫画化を目指している

四つ目の強みは、漫画化目指していることだと思います。

既に漫画の一部が公開されています。

ストーリーは運営メンバーが決めるのではなく、参加しているメンバーとも話し合って決めていくようです。

どんなストーリーが生まれていくのか楽しみですね。

個人的には、「JUNKeeeeS」の公式Instagramは存在していますが、あまり使われていないようなので、Instagramのリールを使って制作した漫画を公開していくとかは面白いのではないかなと思いました。

うまく活用すれば、漫画から「JUNKeeeeS」のことを知ってもらうことができるのではないかと考えました。

「JUNK FOOD PATY」の価格の推移

第一弾リリースにより、現在合計で78ETHが集まっています。

集めた金額で運営は漫画制作に本格的に取り組んでいくようです。

また、第一弾リリースからあまり時間は経っていませんが、

現在の最低価格も0.27ETHとかなり高い価格です。

引用:OpenSea

OpenSeaで確認しても、0.25ETHを下回ることは今のところない事が分かります。

今後コラボや、エアドロップなども行われるようなので価格は上がる可能性もあります。

エアドロップとは

NFTを保有している人に運営から配られるプレゼントのようなもの

「JUNK FOOD PATY」の買い方

それでは、JUNK FOOD PATYの買い方について解説していきます。

手順は以下の通りです。

「JUNK FOOD PATY」の買い方
  1. 暗号資産取引所の口座を開設し、ETHを購入する
  2. MetaMask(メタマスク)でウォレットを用意
  3. MetaMaskにETHを送金
  4. OpenSeaで購入する

それぞれ解説していきます。

暗号資産取引所の口座を開設し、ETHを購入する

はじめに、暗号資産取引所の口座を開設する必要があります。

僕は、「Coincheck」ではじめての暗号資産取引所の口座を開設しました。

まだ口座を持っていない方はこちらの記事を参考にしてください。

CoinCheckの強み
  • 3年連続アプリダウンロード数No.1
    ※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ、データ協力:AppTweak
  • 国内最大級の18種類の仮想通貨を取扱い
  • マネックスグループ傘下で、セキュリティが強固

NFT初心者の方にもおすすめできます。

口座を開設することが出たら、暗号通貨ETHを買う必要があります。

下の記事は僕が、「Coincheck」でビットコインを購入した体験記事です。

購入する通貨をETHに変更するだけで手順は同じなので、参考になると思います。

MetaMask(メタマスク)でウォレットを用意

次に、MetaMaskでウォレットを用意します。

MetaMaskって何?

そんな方は下の記事を参考にしてください。

簡単に言うと、暗号資産を保管することができる財布のようなものです。

MetaMaskは、NFTを購入する際や、その他Web3を体験するための必須ツールなので、用意しておくことをおすすめします。

MetaMaskにETHを送金

次に、MetaMaskに購入したETHを送金します。

CoinCheckなどの暗号資産取引所で購入したETHをMetaMaskに送金しましょう。

OpenSeaで購入する

OpenSeaでNFTを購入するには、OpenSeaとMetaMaskを接続する必要があります。

OpenSeaを開き、ウォレットマークをクリックし、MetaMaskを選択します。

接続が完了したら、自分の気に入ったNFTを選び、購入することができます。

もっと詳しく知りたいという方は、こちらの記事を参考にしてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

「JUNKeeeeS」について一通り知ることができたでしょうか。

この記事をきっかけに、

「JUNKeeeeSを応援したい!」

と感じた方は、まずはコミュニティに参加してみてください!

個人的にも、「JUNKeeeeS」を応援していきたいと思いました。

今後も皆さんに役立つ情報を発信できたらと思います。

完成した記事は僕のTwitterからも発信するので、よかったらTwitterのフォローをしていただけると嬉しく思います。

☛はまをフォローする

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました