[仮想通貨初心者必見]Coincheckで口座を開設する方法[1500円お得に貰う]

NFT

今回は仮想通貨をまだ買ったことのない人のために「Coincheck」で口座を開設する方法について解説します。

今回の記事を読めば以下のことが分かります。

仮想通貨[暗号通貨]とは

仮想通貨を買うメリット・デメリット

仮想通貨の買い方

Coincheckの口座開設方法

仮想通貨に興味があるけど買い方が分からない。。。

どこで口座を開設しようか悩んでいる。

このような悩みを持っている方の参考になる内容になっています。

また、

「仮想通貨って怪しくない?」

「仮想通貨を買うメリットとデメリットを知りたい!」

このような方に、仮想通貨の基本からメリット・デメリットも合わせ、仮想通貨は怪しいものではないと思っていただけるように解説していきたいと思います。

それではいきましょう。

仮想通貨って何?

そもそも仮想通貨って何なの?

このような仮想通貨に対する根本な疑問をまずは解決していきたいと思います。

仮想通貨とは、暗号通貨とも呼ばれ、世界中で取引のできる、紙幣などの形を持たないお金のことを言います。

皆さんもビットコインイーサリアムなどの通貨を聞いたことがあるのではないでしょうか。

これらは、仮想通貨[暗号通貨]の代表格である銘柄です。

仮想通貨と聞いてビットコインのことと思っている方もいるのではないでしょうか。

しかし、実際には、仮想通貨の種類はとても多く1万種類以上存在します。

仮想通貨と電子マネーの違い

先ほど、仮想通貨のことを形を持たないお金と表現しましたが、それなら

電子マネーと何が違うの?」と考えた方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと仮想通貨と電子マネーは全く違うものです。

例として仮想通貨の代表例であるビットコインとSuicaを比べてみましょう。

皆さんは日常生活の中でSuicaを使う機会は多くあるのではないでしょうか。

Suicaの中に日本円を入金すると電車やお店でもSuicaを使って支払いをすることが出来ます。

しかし、Suicaが使えるのは基本的には日本のみで海外で使うことはできません。

また、誰かにSuicaの残高を送金することもできません。

しかし、

仮想通貨の場合それらが可能です。

仮想通貨の根本はブロックチェーンの技術にあります。

ブロックチェーンについては後に解説しますね!

ブロックチェーンの技術を使うことで、仮想通貨は個人間のやり取りが全世界の人間と可能です。

ここが電子マネーと仮想通貨の大きな違いに一つです!

ブロックチェーンとは

それでは先ほど出てきたブロックチェーンについて解説します。

皆さんはブロックチェーンという言葉を聞いたことはあるでしょうか。

そんな言葉聞いたことないよ。。。

そんな方にもわかりやすく解説しますね!

ブロックチェーンの技術への理解は、

「仮想通貨って怪しくない?」

という考えを変えることのできる必須知識なので、少しずつでも勉強していきましょう。


ブロックチェーンとは、分散型台帳とも呼ばれたりします。

一定数のデータをブロック状にまとめて保管・管理をしてそのブロックを一つの鎖(チェーン)に繋げています。

例えば、「AさんからBさんへ1BTC移動する」という取引データがあったとします。

このような取引データは、オープンになっていて誰でも確認することができます。

この取引はお互いに承認し合ってはじめて成立します。

そのため、取引データを承認する必要があります。

このような取引を一定数まとめ、ブロックとしそれを一括で承認します。

新しく承認されたブロックは、既に承認されたブロックをひと繋ぎしたチェーンの最後尾にはめ込まれます。

これで取引成立です。

これの承認作業のことをマイニングと呼ばれています。

このような仕組みで成り立っている技術がブロックチェーンです。

ブロックチェーンのすごい点

ブロックチェーンの革命的な点は、以下にまとまました。

ブロックチェーンの凄い点

・自律分散システム
・データの改ざん・削除が極めて困難
・システムダウンが起きない

それぞれ解説していきます。

自律分散システム

自律分散システムとは、一極にシステムを集中させることなく、バラバラに管理することをいいます。

ブロックチェーンは、P2Pのネットワークを利用しています。

P2Pって何?

P2Pとは、「ピア・ツー・ピア(Peer to Peer) 」の略称で、個々のユーザー同士をネットワークで結んで直接データをやり取りすることを言います。

今あるデータは、基本的には国や大企業により一括管理されています。

しかし、ブロックチェーン世界中に散らばった複数のコンピューターにより管理されています。

データの改ざん・削除が極めて困難

先ほど、ブロックチェーンは自律分散システムであると説明しました。

そのため、記録されたデータの改ざんや、削除ができない仕組みになっています。

他にも、暗号技術によってセキュリティが守られていたり、

コンセンサス・アルゴリズムを利用してデータの改ざんが起こらないような工夫がされています。

システムダウンが起きない

複数のコンピューターでデータを保存してあるため、一部のコンピューターがダウンしても、システムダウンが起きません。

現在の一元管理方式だとシステムに問題があるとすべてのサービスが停止してしまう恐れがあります。

しかし、ブロックチェーンの技術を使えばそれはあり得ません。

仮想通貨の根本技術には、ブロックチェーンが大きく関わっています!

これを読んでいるあなたも、少しずつ仮想通貨の不安が減ってきているのではないでしょうか。

仮想通貨を買うメリット・デメリット

それではこれから仮想通貨を買うメリットとでめりっとについて解説していきたいと思います。

仮想通貨を買うメリット

僕が考える仮想通貨を買うメリットは3つあります。

それは以下の通りです。

メリット
  1. 仮想通貨関連の知識が身につく
  2. 投資になる
  3. NFTが買える

それぞれ解説します。

仮想通貨関連の知識が身につく

一つ目に、仮想通貨関連の知識が身につくことが挙げられます。

僕も仮想通貨などにもともと興味があり、実際にビットコインやイーサリアムを買ってみました。

実際に買ったことによって仮想通貨に対する知識や、そこに関連する新しいトレンドであるNFTやメタバースなどにも興味を持つことが出来ました。

Web3はこれからのインターネットの構造を変えるほどのインパクトがあります。

この分野に関する知識を学ぶには実際に仮想通貨を買ってみたり、メタバースで遊んでみたり、NFTを買ってみたり体験することが一番だと思っています。

新しい技術について学ぶことができることは大きな仮想通貨を買うメリットだと思っています!

投資になる

二つ目に仮想通貨を買うことで投資になることが挙げられます。

僕はビットコインやイーサリアムなどの価値はこれからさらに上がってくると考えています。

そのため、仮想通貨を買うことは将来の投資だと考えることもできます。

現在は価格が下がっているので、試しに買ってみてもいいのかなと思います。

NFTが買える

三つ目にNFTを購入することが出来ることも挙げられます。

NFTって聞いたことはあるけどよくわかっていないな。。。

NFTとは簡単に言うとデジタルデータに唯一性を持たせることができる技術のことを言います。

NFTについてもっと詳しく知りたいという方はこちらの記事も参考にしてみてください。

☛「NFTって何?」とはもう言わせません!

NFTは基本的にはイーサリアムと呼ばれる仮想通貨で購入することが出来ます!

NFTもこれからさらに需要が高まるものだと考えています。

今からNFTに触れていくことも将来への大きな投資になるのではないでしょうか。

仮想通貨を買うデメリット

仮想通貨を買うデメリットは2つあります。

それは以下の通りです。

デメリット
  1. 買った時よりも価値が下がる可能性がある
  2. 詐欺にあう可能性かある

それぞれ解説していきます。

買った時よりも価値が下がる可能性がある

一つ目のデメリットとして、買った時よりも価値が下がる可能性があることが挙げられます。

仮想通貨の値動きは現実世界の情勢の連動しているので、株などと同じように価格が下がってしまう事もあります。

解決策としては、仮想通貨を買ったら売らずに保有し続けることがいいと思います。

長期的にみてみれば、ビットコインやイーサリアムの価格は上がっていくと考えられています。

そのため、短期では考えず長期的な視点を持つことをおすすめします。

詐欺にあう可能性がある

二つ目のデメリットは、詐欺にあう可能性があることです。

仮想通貨界隈は基本的な知識をしっかりと持っていないと騙されてしまうことがあります。

騙されないためにも、仮想通貨の根本に知識をしっかりと身につけ、

詐欺師がどのようなやり方で騙してくるのかを知っておく必要があると思います。

そうはいっても、詐欺という言葉だけで、やっぱり仮想通貨は怖いものだと考えて勉強をしないのは、

とてももったいないと個人的には思います。

そのため、試しに一度仮想通貨を実際に買ってみてほしいです!

仮想通貨を買う方法

それでは、仮想通貨を買う方法について解説していきたいと思います。

基本的な買い方は以下の通りです!

仮想通貨を買う手順
  1. 暗号資産取引所の口座を開設する
  2. 日本円を入金する
  3. 仮想通貨を購入

仮想通貨を買うためには暗号資産取引所の口座を開設する必要があります。

僕は、はじめて仮想通貨を買った時は、「Coincheck」で口座を開設しました。

それではこれから「Coincheck」で口座を開設する方法について解説していきます。

Coincheckの口座の開設方法

引用:Coincheck

「Coincheck」アプリダウンロード数No.1 で、無料で口座を開設することが出来ます!

それでは手順について説明してきますね。

口座開設手順
  1. Coincheckのアカウントを登録
  2. SMS認証
  3. 本人確認
  4. 二段階認証の設定

なんだか難しそう。。。

安心してください!

手順道理進めていけば、問題なく開設できます!

どの項目も数分で終わる作業で、あとは、運営側の許可が下りるのを待つだけです!

少し手間取るのが、4の二段階認証の設定の部分です。

Google Authenticator(Google 認証システム)という認証アプリをダウンロードし、認証する必要があります。

セキュリティ対策のため、時間制限などもあるので、注意が必要です。

ぜひ「仮想通貨(ビットコイン)を買うんだ!

と強い意志を持ち、チャレンジしてみてほしいです!

口座開設後の流れ

口座を開設することが出来たら、

日本円を入金し、仮想通貨を買ってみましょう!

Coincheckへ日本円を入金

口座開設ができたらあとは簡単です!

作った口座に日本円を入金していきます。

入金方法はいくつかあります。

  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金

僕は銀行入金を選びました。

理由としては手数料が一番安かったからです。入金する額によっては、コンビニ入金・クイック入金の方が安くなる場合があります。

手数料の表を添付しておくので確認してみてください。

日本円で仮想通貨を購入

ここまで来たらあとは日本円で仮想通貨を購入するだけです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

仮想通貨について、

仮想通貨を買うメリット・デメリットについて、

暗号資産取引所の口座を開設する方法について

今回は解説してきました!

仮想通貨やそれに付属する技術はこれからさらに進化してくと思うので、

勉強のためにも一度仮想通貨を買ってみることをおすすめします!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました